KITTE 丸の内 インターメディアテク

koishiです。KITTE 丸の内あるインターメディアテクで行われている特別展示『プロトログ――山中俊治デザインの発生学』を見学してきました。

場所は東京駅を出てすぐの旧中央郵便局の建物を生かして2013年にオープンしたKITTE 丸の内。

三角形の敷地に個性的なショップや展示スペース、飲食店が並んでます。
よく見ると壁面はフロアごとにマテリアルを使い分けるというこだわり。2Fはなんと本物の瓦を壁面に使用。
5Fの壁面はクリ材のレリーフ状に組んでます。手が込んでますね。

KITTEの内装デザインはあの隈研吾氏。吹き抜けや各フロアの天井高が昔の建物とは思えないほど広々としているので非常に開放的な印象。

その2Fと3Fにあるのがインターメディアテク http://www.intermediatheque.jp/

日本郵便株式会社と東京大学総合研究博物館が協働で運営をおこなう公共貢献施設です。そして特別展示『プロトログ――山中俊治デザインの発生学』がただいま開催中。

生物学に基づいたデザインが数多く展示されています。またこの他に常設展として東大の学術資料も多数展示されているので非常に見どころが多い展示内容です(しかも観覧はなんとすべて予約不要で無料)

3Fには東大のオフィシャルグッズを販売するショップもありサプリやドリンク、文房具など個性的な東大オリジナル商品が並んでます。まるでミュージアムショップのような様相でした。https://utcc.u-tokyo.ac.jp/

とりあえず東大ゼリーを購入。お土産に最適。

またKITTE内にはグッドデザイン賞の製品を販売するGOOD DESIGN STORE TOKYO by NOHARAなど他のショッピングモールやデパートにはないショップが数多くありこの日は1日中館内を歩き回っていました。駅近で気軽に立ち寄れる丸の内一番のおすすめスポットです。https://marunouchi.jp-kitte.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。